【産後太り】 「太ってしまった理由」

【産後太り】 「太ってしまった理由」

  1. 2013年10月07日
  2. 未分類

ちょっと前のニュースに、
産後の悩みランキングが出ていました。

 

1位:体力の低下 59%
2位:体型の崩れ 49%
2位:肩こり、腰痛 49%
4位:しみ・しわ 48%
5位:肌荒れ   39%
やはり、
「出産」という人生においての
一大イベントを終えた後は、
当然、生活は変わりますが、
生活だけでなく、色々な変化が
カラダにも起きているという事を
実感されるのではないでしょうか。

 

そのなかでも、
「出産後太ってしまった」原因の1つに

女性の場合、妊娠、出産に対して重要な
「骨盤」を守るために、
女性ホルモンの
エストロゲン、プロゲステロンなどの働きも有り
骨盤周りにお肉がつきやすいという性質も加わり、
太ってしまった事で、
出産後に「骨盤が開いて太ってしまった」と
思ってしまっている人が多いのではないでしょうか。

 

《産後の悩み 》骨盤の広がり
https://www.kotsubankyousei-shibuya.com/377.html
でもお話しましたが、

実際には骨盤がそんなに開くわけではなく
いわゆる産道が開いて伸びてしまっている様な
イメージで、たるみが生じやすくはなってしまいます。
よくある話で、
噂が広がり、いつのまにか間違った情報が一人歩きしている。
という様な事が、世の中には多く存在します。

 
太ってしまった理由は他にも
色々と考えられます。

 

例えば、多くの方に当てはまるのですが、
子宮にいる赤ちゃんがドンドンと大きくなる事で、
見た目にも判るようにお腹が大きくなってきます。
お腹が大きくなると、重心バランスが前に行くので、
上半身の、特にお腹より上部は
後ろに反り返るようにして、
倒れないようにバランスをとっています。

 

そうする事で、腰への負担は増し、
負担がかかり続ける事で
筋肉が硬くなります。

 

硬くなり続ける事で、末梢の部分に
血液も、リンパも神経も上手く流れなくなる事から
腰の部分の「痛み」末梢の「冷え」「むくみ」「しびれ」等を
ひき起こしてしまうわけです。

 

出産後は赤ちゃんを抱っこすることで
同じくお腹に赤ちゃんを乗せるように
お腹を前にし、腰を反り、
背中を丸めた形になるので、
引き続き腰痛や肩こりを悪化させてしまいます。

 

実はその体型は睡眠障害をも
引き起こす事に繋がってきます。
ただでさえ、
赤ちゃんの夜泣きで眠れなくなってしまうのに・・・
 

姿勢が悪くなるという事は、
前後、左右、上下のバランスが崩れているので、
見た目が悪くなるだけでなく、
そういった様々な症状や問題を
引き起こす事になってしまいます。
その姿勢を続けてしまう事で、

 

脳の潜在意識として残ってしまうと、
それがクセになり、悪い体型のまま、
維持して行く形が出来上がります。

 

そうすると、
脳においても、内臓や筋肉、お肌まで・・・
更には代謝や免疫等、本来の機能が低下する事で
太りやすく、痩せにくく、
病気にもなりやすくなってしまいます。

 

まずは、
自分がどのような状態になっているのか、
詳しくしらべる事をお勧めします。

 

現場検証をしなければ、
状況も把握出来ませんし、
犯人(問題)は捕まり(解決し)ません。

 

子供や家族、将来の為にも、
全身のバランスを整え、
骨盤周りをしっかり引き締めつつ、
腰痛、肩こり、便秘、生理不順などから

解放されましょう!

 

当院の体験談にも
沢山の方が書いて下さっておりますが、
http://www.total-bc.jp/recommend/experience
当院じゃなくても良いので、
知っておいて頂きたいのが、
“正しく、本当に” 骨盤や全身バランスを
整える事が出来れば、

 

今迄、何をやっても治らなかった
肩こりや腰痛でさえも
たった数回で出なくなるはずです。

 

今迄の悩みから解放される事で、
今後かかる予定だった、時間とお金を
自分の好きな事に有効活用出来ますので、
自分の骨盤矯正の方法があっているのか
確認してみると良いでしょう。
あなたも早く、
バランスの大切さに気付き、
いち早く、産後の体型を戻せる事を
祈っております☆

 

  casino