★ 不眠や睡眠障害における睡眠薬の選び方

★ 不眠や睡眠障害における睡眠薬の選び方

  1. 2015年06月23日
  2. 未分類

この前、
睡眠薬「ロゼレム」について聞かれ、

「ハルシオン」や「マイスリー」などは
分りますが、私も専門家では無いので、
脳神経外科の先生に
聞いてみたり、自分なりに
チョット調べてみました。

「ロゼレム」は、
睡眠薬の中でも凄く弱いので、
比較的小さい子でも大丈夫だそうです。

とはいえ、

「薬」ですから、私の考えで言えば、

弱いとはいえ、「副作用」や「リスク」は
どうしても付いて回ると思います。

ある症状が辛く、
その症状を抑える為に、

「薬」は存在しており、

「リスク」の無い「薬」は無く、
万能ではございません。

だって、

「クスリ」の反対は「リスク」ですからね。

私は薬を使いたくない派なので、
人に迷惑がかかってしまうとか
どうしようも無い時以外は、
薬は使いません。
お医者さんや、薬剤師さんも
自分や家族には、
極力、薬やワクチンは使わせない
なんて言いますからね。

で、
睡眠薬の話ですが、

夢はノンレムでは無く、
レム睡眠時に見るのですが、

その時に「バラの夢」を見る様に、

「穏やかで、健やかな眠りにつく様に」

という事で、「ロゼレム」という
名前だそうです。

自然な眠りを誘う作用のある、
睡眠ホルモン「メラトニン」に
作用するとの事でした。

ちなみに、
不眠や睡眠障害のタイプは、

<strong><font color=”#0000FF”>入眠障害</strong>・・・・寝付くまでに1時間以上かかってしまうなど
<strong>中途覚醒</strong>・・・・寝付けても何度も目が覚める。
<strong>熟睡障害</strong>・・・・沢山寝ても寝た気がしない。(睡眠の質が悪い)
<strong>早朝覚醒</strong>・・・・朝早くに目が覚めてしまいその後寝付けない。</font>

また、
薬を服用し、血中の濃度が
最高値から半減する迄にかかる時間、

いわゆる、「作用時間」「効き目」における
睡眠薬の選び方は
続き
<a href=”http://total-bc.jp/?p=6037″ target=”_blank”>http://total-bc.jp/?p=6037</a>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<strong><font size=”4″><font color=”#EE82EE”>【スタッフ募集】</font></font></strong>
2~3ヶ月待ちが3年以上続いており、人手が足りません・・・

・ ただの癒しではなく「“治せる技術” を身につけたい」、
・「人に喜ばれ、感謝される仕事がしたい」という方募集中です!
「人を笑顔にしたい!」「笑顔作りのお手伝いをしたい!」
という<font color=”#FF1493″>受付事務、アルバイト</font>も同時募集中!!
昼間の短時間希望の<font color=”#FF1493″>主婦の方</font>も歓迎!
<strong>“学校では教わらない” “一生分の価値”</strong>のある
「美」と「健康」「アンチエイジング」の<strong>“本質”</strong>が
お給料を貰いながら学べます!

<strong>詳しくは</strong><strong><font size=”4″><u><a href=”http://total-bc.jp/?p=5197″ target=”_blank”>コチラ</a></u></font></strong>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~